ロマン小説

ブログなどで私の写真を見て、私の写真を見ながらイッちゃったよーっという小説をつくられて、私の方に送ってくださった方がいます。その小説を転載しました。また他にも、私自身が書いた小説もあります。

ロマン小説 イメージ画像

更新情報

 男性に誘われて、そのホテルの一室に入り、男性は甲斐甲斐しく私に尽くしてくれて、服を1枚また1枚と脱がされ、ストッキングを下ろされ、ブラジャーとパンティだけになった私に、男性のアソコは硬くなっている。私の秘部に顔をうずめて愛撫をする。私も思わず声をもらす。最後には、すでに手術済みの私のアソコに、彼のものが挿入されて果ててしまう。
『【宮崎留美子の小説 2】あの頃に若返って別の生き方をしてみたい・・・という夢想』の画像

 そして白いパンティが…ほんの少し…覗いていた。  黒いパンストに包まれたむっちりした太もも。その上に見える三角の部分…。俺のあそこが…固く…固く…なってきた。  もう、我慢できない。ズボンをおろし、パンツをむしりとり、しごいた!
『【ロマン小説 8 作:M氏】萩の寺にて』の画像

 僕の大好きな留美子のクリが硬く膨らみ,包皮から顔を出す。クリの香りが鼻をくすぐる。そのクリを思いっきりしゃぶると,君は震える。ああ,ダメ----甘い囁きが僕を更に野獣にする。貴女の女体をひっくり返し,形の良い豊満なヒップの中心部の菊の花芯に熱いキスをする。
『【ロマン小説 7 作:K氏】留美子をオナる』の画像

 段々、高まってくる。時々目をつむって触ってもらっている光景を想像する…。手の動きが早くなる…。もうすぐ、いく…。自分でもわかる…。もう出る…。憧れの「女(ひと)」の裸をみながら、射精しそうになる…。出る…出る…。ティッシュを二三枚引き抜き、亀頭にあてがう。出る…出る…出る…。出た。白い液をティッシュペーパーに吐き出す…。
『【ロマン小説 6 作:M氏】レポート「憧れの女装(ひと)の裸」』の画像

 突然、目を開ける。「だめだ、我慢できない」。もう一度パソコンを立ち上げる。Tsloveを開く。気持ちが焦る。留美子さんの日記を開く。パンチラ写真を食い入るよう見つめる。  「はぁはぁはぁ、留美子さんのパンティ・・・。白い・・・パンティ・・・」。口を半開きにしながら自分を慰める。スウェットとパンツを膝上までずらし、膝たちでパソコンに向かう。ちゃぶ台に置いたパソコンの灯りで股間が浮かび上がる。肉棒がこれ以上ないくらいに固くなる。
『【ロマン小説 5 作:M氏】ボクの夜の密かな楽しみ ~オナペット~』の画像

 入浴シーンになると我慢できない。スウェットから自分のモノを引きずり出し、前かがみ気味になりながら上下に慰めはじめる。 「あぁ、大きなお尻・・・」「僕のオナペット・・・」目はモニターに釘付けになりながらも手だけが激しくうごいてしまう。・・・もう我慢できない。段々と頂点に達しようとする。「はぁはぁはぁ」と荒い息づかいだけが部屋に響きわたる。
『【ロマン小説 4 作:M氏】憧れの女装(ひと) ~ レザーパンツに欲情し果てる ~』の画像

 留美子さんの日記を読み出します。もうこの時点で、自分のアソコは少し硬くなっています。  読み進めます。露天風呂に入浴している留美子さんの全裸。食い入るように見つめます。私のアソコは十分固くなっていきます。それを布団にこすりつけ、腰を揺らしながら見ていくのです。  入浴の全裸写真で興奮し、さらに、ビール片手の浴衣姿にもっと興奮します。
『【ロマン小説 3 作:M氏】留美子さんの写真で欲望の液を放出』の画像

 今朝もボーっと見ていた。パンチら、浴槽を見ていたらムズムズしてきた。昨日は「きれいだなぁ」と思っていただけなのに、今朝は欲情が沸き起こった。  自分で触ってみる。少し固い…。どうしよう…。
『【ロマン小説 2 作:M氏】オナペット』の画像

 私はスライドショーをスタートさせると、Pを取り出してゆっくりと自慰を始める。彼女は画面の中でくるくると廻りながら、バービー人形のようにくびれた肢体を披露していく。品よく着飾って、脚を除けば肌の露出も少ないのに、男の欲情を掻き立てて止まないのは、彼女が写真撮影時に「魅せる」ことに努め、そのためどこかで「娼婦」を意識しているからだろう。コケティッシュという語自体、高級娼婦ココットにちなむのだし。
『【ロマン小説 1 作:F氏】留美子(1)』の画像

 男の人の手は、少しずつ、でもほとんどわからない程度に上に這ってきます。こういったときの男の人の心の中は、けっこうドキドキしているんですね。ずっと後になって、そういうことをする男性の気持ちを聞いたことがあるのです。最初に触る一歩に逡巡するとか。『触って怒られないかなあ、でも触りたい』と思うそうです。これを読んでいる男性の方、どうでしょうか。そのとおりでしょうか。
『【宮崎留美子の小説 1】ニューハーフバーのアルバイトでのひとコマ』の画像

↑このページのトップヘ