ロマン小説

ブログなどで私の写真を見て、私の写真を見ながらイッちゃったよーっという小説をつくられて、私の方に送ってくださった方がいます。その小説を転載しました。また他にも、私自身が書いた小説もあります。

ロマン小説 イメージ画像

2021年05月

 留美子さんの日記を読み出します。もうこの時点で、自分のアソコは少し硬くなっています。  読み進めます。露天風呂に入浴している留美子さんの全裸。食い入るように見つめます。私のアソコは十分固くなっていきます。それを布団にこすりつけ、腰を揺らしながら見ていくのです。  入浴の全裸写真で興奮し、さらに、ビール片手の浴衣姿にもっと興奮します。
『留美子さんの写真で欲望の液を放出(ロマン小説 3)  作:M氏』の画像

 彼は、欲望の液体を、私の中に発射したのだった。私の中に、白い液体を射出したのだった。  しばらく、30秒ぐらいだろうか。彼の肉棒は徐々に萎えていき、そして、私の膣から抜き去った。私の中に、彼の欲望の液が発射されたのだった。シリコンボディスーツの効果はすばらしかった。手を私の秘部にもっていくと、彼が発射した液体が少しこぼれているようだ。私の膣内にはもっと残っているのだろうなあ。
『シリコンボディスーツで女性になる【宮崎留美子の小説 14】』の画像

↑このページのトップヘ