ロマン小説

ブログなどで私の写真を見て、私の写真を見ながらイッちゃったよーっという小説をつくられて、私の方に送ってくださった方がいます。その小説を転載しました。また他にも、私自身が書いた小説もあります。

ロマン小説 イメージ画像

2021年07月

 段々、高まってくる。時々目をつむって触ってもらっている光景を想像する…。手の動きが早くなる…。もうすぐ、いく…。自分でもわかる…。もう出る…。憧れの「女(ひと)」の裸をみながら、射精しそうになる…。出る…出る…。ティッシュを二三枚引き抜き、亀頭にあてがう。出る…出る…出る…。出た。白い液をティッシュペーパーに吐き出す…。
『レポート「憧れの女装(ひと)の裸」(ロマン小説 6)  作:M氏』の画像

 彼は、欲望の液体を、私の中に発射したのだった。私の中に、白い液体を射出したのだった。  しばらく、30秒ぐらいだろうか。彼の肉棒は徐々に萎えていき、そして、私の膣から抜き去った。私の中に、彼の欲望の液が発射されたのだった。シリコンボディスーツの効果はすばらしかった。手を私の秘部にもっていくと、彼が発射した液体が少しこぼれているようだ。私の膣内にはもっと残っているのだろうなあ。
『シリコンボディスーツで女性になる【宮崎留美子の小説 14】』の画像

 手こきを始めてまもなくするとイキそうに苦悶してきます。そうすると、私をガバッと抱きしめてきて「あーー、るみちゃーん」と叫びにも似た声をあげ、そして、私のくちびるを激しく吸うのです。優しくなんかではありません。強くキスしてくるのです。でもそうなったら絶頂を迎えるということが、これまでのことからわかっています。イッちゃう直前なのだなあと。
『るみちゃーんと叫びながら白濁液を放出する課長さん【宮崎留美子の小説 6】』の画像

↑このページのトップヘ