ロマン小説

ブログなどで私の写真を見て、私の写真を見ながらイッちゃったよーっという小説をつくられて、私の方に送ってくださった方がいます。その小説を転載しました。また他にも、私自身が書いた小説もあります。

ロマン小説 イメージ画像

2021年08月

 私は、男性がするような射精なんて絶対に嫌だあとも思ってしまうのです。だって、女性は射精なんてしないのだから。とはいえ、私は果ててしまったのです。でも射精なんて嫌だ・・・自分の中ですごい葛藤が起こりました。この後、自分自身でオナニーすることはやめようと思い、ずっとしないでいましたが、そうすると生理的には男性なので夢精をしてしまうのです。起きて白い液体がパンティについているのを見たら、「ヤダヤダ、男はヤダ」なんて嫌悪感をもったりもしていました。
『私を見て欲情することへのとても複雑な気持ち【宮崎留美子の小説 4】』の画像

 あるときのナンパで、喫茶店でお茶して様子をうかがっていました。そうすると、相手の男性は、どうも脚フェチ、または、パンストフェチと思われる話をしてきたのです。「キミの脚にみとれてしまった」とか「ちょっとだけ脚をさわっていいですか?」とか「ストッキングの脚っていいよね」などという言葉を言うのです。
『脚フェチ・パンストフェチの殿方【宮崎留美子の小説 9】』の画像

 入浴シーンになると我慢できない。スウェットから自分のモノを引きずり出し、前かがみ気味になりながら上下に慰めはじめる。 「あぁ、大きなお尻・・・」「僕のオナペット・・・」目はモニターに釘付けになりながらも手だけが激しくうごいてしまう。・・・もう我慢できない。段々と頂点に達しようとする。「はぁはぁはぁ」と荒い息づかいだけが部屋に響きわたる。
『憧れの女装(ひと) ~ レザーパンツに欲情し果てる ~(ロマン小説 4)  作:M氏』の画像

↑このページのトップヘ