青地のこの部分は、宮崎留美子によって書かれています。著者のF氏からのメール内容は黒地の本文部分です。プライバシーの問題から、メールの一部分は割愛させてアップしています。

 ここのロマン小説のコーナーで、メニューのひとつ前のところで、著者の作品である「【ロマン小説 10 作:F氏】シン留美子」を上梓しています。この作品をお書きになって、私の方に送られてきたとき、メールも一緒に添付されていました。そのメールには、今回の小説を著すようになったきっかけや気持ちについて書かれていました。著者のお気持ちを含めて、小説本文を読んでいただければ幸いです。
 メールには「
私の望みはこの作品が留美子様のブログに掲載されることではなく、この作品を読んだ留美子様が興奮に身体の芯を熱くし、欲情の火照りに寝付かれず、内容を思い出しながら、指をしゃぶり、乳首をつまみ、Pをしごいて、尻穴に指を入れるなど、耐えきれずに自慰を始めてしまうことです。そして、自慰に耽ってしまった恥ずかしさと罪悪感ゆえに、作品を他人の眼に晒せなくなってしまうことです」と書かれていました。小説の公表は許可されていますが、本当の望みは、私が「欲情の火照りに寝付かれず」に自慰をしてしまうとのことのようです。
 このお気持ち、大切に受けとめさせていただきます。
 小説本文は、プロの小説家ではない方が、原稿用紙30枚という大作を書かれて、しかも、表現や言い回し、そして臨場感など、とてもすぐれていて「すごいなあ」と感激しました。私の目だけに留めておくのはもったいないし、この作品は多くの方にみてもらいたいとの思いもあって、公表させていただきました。
 著者の望みどおりに、私が、
欲情の火照りに寝付かれず自慰をしてしまったかどうかは、ここでは秘密にしておきます。

※写真はイメージです.本文との直接の関係はありません
------ メール本文は、ここから ------

宮崎留美子様
 ご無沙汰いたしております。ブログやT'sloveを拝見する限り、お元気で活躍していらっしゃるようで何よりです。T'sloveは女装系の会員制SNSのサイトのことです
 私の方は以前に妄想小説(?)をお送りして、ご好評をいただいた後、続きを書こうと思ったのですが、・・(途中略)・・コロナ騒ぎで、なかなか機会がありませんでした。女装子さんとお会いする機会もなくなってしまい、さびしい思いをしております。
 そこで一念発起して、新作を書いてみましたので、お送りいたします。

 今回は序・破・急の3部構成で、各約10枚、合計30枚ほどの、素人の私にすれば渾身の長編力作です。もちろんブログにアップしていただいても構わないのですが、先にこの小説に込めた思いについてお話させていただければと思います。
 前回の小説 留美子【】(ロマン小説 1) 作:F氏(このタイトルをクリックしていただければ別画面でリンクしています)では、T'sloveに掲載された温泉巡りのレポートに添えられた写真により、
伊豆106/花吹雪貸切風呂思いがけず留美子様の裸身を拝めた興奮の下に、感謝の意を込めて書きあげたものでした。とりわけお尻を正面からとらえた肉感豊かな1枚が胸に刺さりました。
 今回は、そうした「1枚」に対する感謝ではなく、これまで留美子様がブログで、あるいはT'sloveで公表された行動、体験、映像等、私の知り得た留美子様の魅力の総体に対するトリビュートとなっております。
 その中には、ほんの1~2回程度ですが、某所で生のお姿を拝見し、衣服やストッキングの上からとはいえ、身体に触れさせていただいた興奮もまた含まれております。それゆえ内容はとても濃密な、私の留美子様への欲望の限りを吐き出したものとなりました。
CUM TRIBUTE01 ポルノ・サイトの投稿の形式(手法)にCUM TRIBUTEというのがあります。自らの憧れの相手のプリントアウトした画像の上に自慰・射精し、画像に白濁液の飛び散った様子を撮影して投稿するやり方で、全身全霊を込めた賞賛であるとともに、「捧げもの」を尽しての崇拝の儀式とも言えます。今回の作品はいわば留美子様への私のCUM TRIBUTEだと言えるかもしれません。
ガーターベルト2愛宕神社3 CUM TRIBUTEが嫌悪感を催させる危険をはらむのと同様、今回の作品も欲望を赤裸々に告白し、濃密に描いた点で、留美子様を辟易させてしまうかもしれません。それでも、留美子様の裸身やパンチラの画像を欲しがり、脚線美やグラマーな肢体に興奮して自慰する信奉者たちに、「ふふふ。私のどこにそんなにコーフンするの。男性って不思議ねえ。」と笑顔を浮かべながら、冷ややかに応対する留美子様を見ていると、留美子様は心の片隅で、こうした告白を待ち望んでいるのではないか‥‥と、私には思えました。もちろん、これは根拠のない私だけの妄想に過ぎません。
 それでも、そうしたクールな留美子様の中に潜む、「裏留美子」、あるいは「シン留美子」に喜んでいただければとの期待を込め、あえて危険を冒してお送り差し上げる次第です。ですから、私の望みはこの作品が留美子様のブログに掲載されることではなく、この作品を読んだ留美子様が興奮に身体の芯を熱くし、欲情の火照りに寝付かれず、内容を思い出しながら、指をしゃぶり、乳首をつまみ、Pをしごいて、尻穴に指を入れるなど、耐えきれずに自慰を始めてしまうことです。そして、自慰に耽ってしまった恥ずかしさと罪悪感ゆえに、作品を他人の眼に晒せなくなってしまうことです。
 もちろん公表に反対しているわけではありません。そうなればよいのに‥‥と勝手に願っているだけです。もし、今回夢が果たせなければ、留美子様を自制が効かなくなるほどもっと興奮させる作品を、生み出すべく努力するだけです。けれどそれが果たして私にできるかどうか‥‥。

バックショット3/透けブラ 今後の励みにご感想などお聞かせいただければありがたいです。そして、これははしたないお願いですが、留美子様の哀れな虜に、妄想の「燃料」をお恵みいただければありがたいです。
 これまで明らかにしたことのないエロティックな体験談、留美子様自身の熱く沸騰する秘めた欲望、あるいは誰にも見せたことのない秘密の映像など、少しでも与えてくださればありがたいです。
 もちろん、また、生の留美子様に触れる機会、それも独占して‥‥が、一番の望みではありますが、それは到底(まだまだ?)叶わないことは存じております。たゆまず精進を続け、留美子様への崇拝と欲望を、さらに高めてまいります。
 それではご一読いただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。 (F)

それでは、Fさんが書かれた シン留美子(ロマン小説 10) をお読みください


-------------------------


あいさつ4 このブログは、2つの女装関連のブログランキングに参加しています。ブログランキングは、それぞれのブログに貼られているバナーをポチッと押してもらうことで、押された数によってランキングが決定されるしくみになっています。このブログを、ぜひ上位のランクにしていきたいと思っています。
 どうか、下の2つのランキングのバナーを、それぞれポチッと押していただければ幸いです。
 よろしくお願いいたします。




女装(ノンアダルト)ランキング 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

にほんブログ村